東京で成功報酬型コーチングを提供

人生(ライフ)全体の殻を破る考え方をお伝えします

ライフコーチング

主なコーチング実績

まず、知っておいて頂きたいことが1つあります。コーチって、いくつか団体とかスクールとかがあって、プログラムを受講するとコーチの肩書きをもらえてしまうのです。自動車教習所に通うと、運転免許証がもらえるのと同じことです。みなさんは、自動車の運転免許をとったばかりの人に、自動車の運転を習いたいですか?コーチも同じことなんです。コーチの資格を取ったばかりの人に、ライフコーチング、つまり自分の人生のガイドをお願いしたいですか?答えは明らかですよね。コーチの肩書を持っているからといって、それだけの理由でコーチを選ぶことはとてもリスクが大きいのです。じゃあ、コーチ歴10年の方でしたら、信用できるでしょうか?100名のコーチング実績を持つ方であれば信用できるでしょうか?もちろん、何も経験がない人よりはましです。でも、その100名がコーチングを受けて、どうなったのか?成果の方が重要ではないでしょうか?

ですので、まずは私がライフコーチとして、どんな成果を出してきたのかを知ってもらいたいと思います。

・留年スレスレ、数学がクラス最下位だった高校生が、たったの6週間で成績をクラス平均に上げ、さらに夢であった映画俳優への第一歩を踏み出しました。ダンスと演劇が人生の中心で、学校の勉強なんて興味ゼロだったのです。それが、私のコーチング(+家庭教師)を受けることで、数学が以下に人生に役に立つかを自ら発見し、大幅な成績アップにつながったのです。また、目標達成のために使ったコーチングツールは、映画のオーディションに合格するために教えたものと、期末試験で合格ラインを超えるものと同じものでした。こうやって、学校の勉強と、人生のつながりが彼なりに見えるようになっていったのです。(本人談:「ものごとをしっかりとした土台の上で考えられるようになった」)

・どれだけ頑張っても地区予選突破がやっとだった高校テニス部が、わずか2回の指導で県大会ベスト8に進出しました。顧問の先生は35年間の指導歴を持つベテラン。私がコーチングのお手伝いをしたのは、テニスの技術指導もあるのですが、それ以上に、ポイントの考え方のコーチングです。そして、高校生のチームですので、人間関係とかもいろいろとあります。また、強くなりたい、でも一生懸命にトレーニングして足が筋肉で太くなるのは嫌。こんな十代の女性らしい悩みもあるのです。コーチングのツールを使うと、こういった悩みも解消できるのです。そして悩みを解消することで、殻が破れます。そして、スポーツ推薦選手だけしかいないような県トップの高校と当たるまで勝ち進むような劇的なパフォーマンスが生まれたのです。実際に現地に入ってのコーチング訪問はたったの2回です。(顧問の先生談:「テニス部始まって以来の快挙」)

・学校では全教科補習、私生活では警察に補導され、生きる意味を見出せずリストカットまでしたアルペルガー症候群と脳機能の発達障害を持った中学生が、成績上位の常連になり、大学進学を果たしました(本人談:「明るく前向きに生きられるようになった」)。これには長いストーリーがあります。それが、バナー画像の中にもある書籍「考える力の育て方」(ダイヤモンド社)に収録されています。

・某私立大学の附属高校から、現役で東京大学理科I類に合格者を出しました。私のコーチングを受ける前から、試験の点数はそこそこは取れていました。でも、大学に行って、その後どんな人生が待っているのかがイメージできる、進路について悩んでいたのです。私自身も理科系で博士号をとったこともあり、また、本人の悩み事を因果関係に基づいて整理していくコーチングのツールも活用して、本人が将来進みたい姿を描き、それにより受験勉強に対する迷いを吹っ切るお手伝いをさせて頂きました(本人談:「弟子入りしたい」)

・慶応義塾大学総合政策学部へのAO入試合格者も出しました。ご存知の方もいるかとは思いますが、日本でも最難関クラスの大学学部です。日本の国の仕組みを変えてしまうようなスケールの大きな夢を構想して、示すことが選考の要件となります。夢を設計し、その実現プランを作るコーチングツール、そして、伝えたいことを、前提知識がない人に対しても論理的に伝えることができるようなコーチングツールを用いて、応募書類を作り、その内容を自分の言葉で話せるようにトレーニングを行いました。

・プロテニスの華谷和生(はなたになぎ)選手は、コーチングを開始以来、900番台だった世界ランキングを、2018年の年末ランキングで463位にまで上げました。主に、メールを活用して、気持ちの整理、集中して取り組むポイントの分析、メンタルの強化などに取り組んできました。

「私の才能では、こんなものか」、「自分の能力では、このくらいが限界」、「そんなの到底無理」 こんな気持ちを抱きながらも思い描いた夢になかなか近づけず低迷を感じたり、なんとか突破口を探そうとている個人と組織を支援します。そして、将来に安心をもたらし、明るく前向きに生きられるようにし、本当にやりたかったことを実現させます。

人生の難しい問題を共に悩み、一緒に解決していきます。
かかりつけのお医者さんのように、何でも相談して頂ければと思っています。
人間関係強化ための考え方、問題解決のツールキット、論理的コミュニケーションの組み立て方、目標設定と達成のためのプラン作成、現実認識法とメンタルコントロール、現状分析から殻を破るヒントの発見など、適切な道具を使ってガイドしていきます。

コーチングで良く聞くこと

「高い」と「怪しい」。コーチ、特にライフコーチって、人生の師匠になる人です。見ず知らずの人に、「お願いします」って依頼するようなものではないと私は思っています。どんな人がコーチしてくれるのか分からなければ、それは怪しいですよね。私のことにつきましては、ぜひ略歴をご覧頂いたり、拙著「考える力の育て方」を読んで頂いたり、検索(飛田 基、または Motoi Tobita)して頂くなりして調べてみてください。
あと、高いということですが、これについても世の中の見方をぶち壊してしまおうと、破壊的な料金プランを考えました。詳しくはコーチングの料金体系のページをご覧ください。私は主にコーチングを東京でやっておりますが、メールやスカイプ対応の方は全国におります。