指導料金表

コーチング料金の常識をぶち壊す、サービス体系を考えました

コーチング料金の考え方

料金が高いと…

メリットとデメリットがあると思います。 メリットは、品質の良いサービスが受けられるという期待が持てることではないでしょうか? また、コーチングを受ける側もお金を払った以上、本気で取り組むことができるということもあるかもしれません。 デメリットは、もちろん、申込むことに対して勇気がでずに、足踏みしてしまうことです。 それに、支払った金額に対するリターンが得られないのではないかという恐れもあると思います。 成果がでるかどうかも分からないのに、まとまったお金を支払うって勇気がいりますよね? 中には、「高いお金を払わないと、自分も本気になれないので…」みたいなことをおっしゃる方もおります。 でも、それって、「コーチングを受けたい」と気持ちがまずあって、でも、「こんなお金使っていいのかなぁ」 みたいな後ろめたさがあるので、なんとかお金を使う理由を作って自分を正当化しようとしていように思えるのです。

料金が安いと…

逆の面のメリットとデメリットが出てきます。 メリットは、多大なプレッシャーを感じることなく、第一歩を踏み出せること。 そして、支払ったお金に対して元が取れないリスクを小さくできることがあります。 一方で、コーチングを提供する側は、安いお金で多くの案件を手がざるを得なくなるので、サービスレベルが落ちてしまうというリスクがあります。 また、コーチングを受ける側も、痛みがないと、覚悟がゆらいでしまい真剣に取り組まない可能性も出てきます。 コーチって本当にいろんなレベルの方がいます。資格を持っているだけの人、指導実績〇〇人と言ってはいるが、肝心の成果を出したのかどうかは分からない人。 コーチって「気づき」をあげることが重要な要素だと思うのですが、気づきは成果につながってこそ意味があるものです。 だから、私のコーチングでは成果にこだわりたいと思っています。

「あるべき料金体系」を考え抜きました

始めることのハードルが低い
結果が出なかった場合のリスクが小さい
高品質なサービスを受けることができる
コーチングを受ける側、提供する側が、時間を使ってよかったと思える
これらをすべて満たせたらいかがでしょうか?

成果報酬型プライベートコーチング

そこで、成果がはっきりと定義できる内容に関しては、気軽に始められるくらいの初期投資でコーチングが始められ、所定の結果が出た後に成功報酬という形で残りの料金をお支払い頂くプランを考えました。ただし、予算やその他の事情により固定料金のコーチングの方が好ましいという方もいらっしゃるかと思いますので、こちらの料金プランもお選びいただけます。

初期費用は全体の1割のみ 成果報酬型コーチングプログラム

AO入試対策 コーチング

初期費用として2万円、志望校のAO入試の合格を成果とし、これが達成できた場合に18万円を後払いで頂きます。
指導期間は約1ヶ月。我々も成果を出すために全力で取り組むことになります。
対策の支援なしには合格が難しいだろうと思われる場合、20万円で合格を買うことができるのであれば、安いものではないでしょうか?
慶応大学SFCをはじめ、大学、高校への合格実績があります。

試験本番直前 - 実力発揮コーチング

初期費用として1万円、志望校の入試の合格を成果とし、これが達成できた場合に9万円を後払いで頂きます。
指導は、試験本番前に約2時間頂きます。
60点の実力を80点に高めるには1年も2年もかかります。しかし、実力が発揮できずに80点の力がだせずに60点になっていまうのはほんの一瞬です。対策をするかしないかで、実力を発揮できるのであれば、こんな効果的で安いサービスは他にないのではないでしょうか?
東京大学、東京工業大学、中央大学などの有名大学、高校、中学への合格実績があります。

スポーツ 自己ベスト達成 コーチング

初期費用として3万円、自己ベストの成績を出せることを成果とし、これが達成できた場合に27万円を後払いで頂きます。
指導期間は約6ヶ月。特定の大会やイベントをターゲットにして活動します。
対象は、タイム、点数、順位などで成果を測定できる個人競技となります。
プロテニス選手の世界ランキングが900位から500位に上がった実績があります。

会社員の副業形成コーチング

初期費用として5万円、発生した売上の2割を成果として頂きます。ただし、お支払いの上限は45万円で、後はすべてみなさんのものになります。
指導期間は約6ヶ月。副業のコンセプトメイク、ビジネスモデル、立ち上げ、集客の4分野の指導をさせていただきます。
セミナー講師、英会話教室、物品販売などの実績があります。

ご相談に応じます

成果をきちんと定義し、測定できるものであれば、カスタムでコーチングプログラムを作成しますので、お気軽にお問い合わせください。

コーチング料金はあなたが決める 固定費用無料型コーチングプログラム

とは言っても、成果が明確に定義できないケースもあるかと思います。そのような場合には、成果報酬型よりもさらに過激な料金体系を用意しました。 があります。ずばり、初期料金ゼロです。 その代わり、毎回のセッションごとに「今回の学びによって、これから1年間のうちに、お金に換算するとどれくらいの価値を生み出しそうですか?」とお尋ねします。 その金額の1割をコーチング代金としてお支払い頂けます。つまり、1か月ちょっとで元が取れてしまうくらいの代金ということです。

以下は、固定料金のコーチングプログラムです。基本的には上の2つの料金プランのいずれかを選んで頂きたいと考えてはいるのですが、 組織の予算、ご家庭の予算などの関係でも、どうしても固定料金でやりたいとご希望される方向けのプランです。 プライベートコーチングには、「メール」、「電話/スカイプ」、「対面」の3つの手段を用意してございます。ご要望、ご予算、ご事情に応じて、これらの中の1つ、あるいは複数を組み合わせ形でコーチングを提供させて頂いております。

発達障害者向けのコーチングは、関係性の改善や、行動の改善などの成果を厳密に定義することが難しいため、固定料金制とさせていただいております。

プライベートコーチング 標準料金表(消費税別)

メール(相談し放題) 月額15,000円
電話/スカイプ 5,000円/20分
対面 30,000円/時間 + 実費(交通費)

電話や対面セッションをご希望の場合には、時間を有効に使うために、事前に質問用のシートをご記入頂き、あらかじめ目を通した段階でのセッションとなります。電話/スカイプのセッションは早朝、深夜も含めて、ご都合に合わせて対応させて頂いております。対面の場合の交通費は東京駅起点の計算となります。

また、ご予算の面で厳しいという方には、特別プランの用意がございます。個別にお伝え致しますので、お問い合わせください。

コーチングでお金を騙されないようにするためのアドバイス

よく、何十万もコーチングに払ったのに、成果にならなかったという話を耳にします。

そうならないために、契約を結ぶ前に3つのことを実行してみることをおすすめします

1. これまでにどんな成果を上げたのかを具体的に聞いて見る

どんな資格を持っているか、何人のコーチをやってきたか、何年間やってきたかは関係ありません。世界で何万人が同じメソッドを使っていようと関係ありません。あなたの目の前のコーチが自分でどんな成果を上げたのかどうかを聞いてください。守秘義務があるからとか言い訳をして、具体的な話ができないのであれば、もしかしたらその方は実際には活動の成果がほとんどない可能性があります。

2. 契約をする前に、友人や、先輩や、両親などに一緒に会ってもらえるか聞いて見る

コーチの中には、かなり悪徳なやり方で契約を取る人もいると聞いています。そういう人に騙されやすい人も、世の中にはいるということです。会うと騙されてしまうかもしれませんので、実際に会う前に、「友達(先輩や両親でも可)を連れていってもいいですか?」と聞いて見ましょう。部屋の都合とか、定員があるとか何かと理由をつけて断って来るようであれば要注意です。相手が一人だと、自分のペースに持っていきやすいので、そういうシチュエーションを作って、契約に持っていこうとしている可能性があります。逆に実際に誰かと一緒でもよいとなった場合には、一番信頼でき、騙されにくそうな人を連れて行くとよいでしょう。(特に学生さんや20代の方にはおすすめします)

3. 契約をすることに対して、言葉にできないモヤモヤがないか、自らに問いかける

自らを何らかの形で変えようとする人が、コーチングを受けるのですが、自らを変えるという決断や勇気というのはもちろん必要になるでしょう。ここでお伝えしたいのは、あくまで金銭がらみのことです。お金を払ってしまってから、「○○になったらどうしよう」というモヤモヤが残るとしたら、今一度、立ち止まって考えて見ましょう。